NOTE

Diary and ProductionNote from EMotionPictures
いかれたベイビー [DVD] / ココダケノハナシ~短篇.jpルーキーズ第3弾~ [DVD] / A DAY IN THE LIFE / ら巡 be found dead トーキョー/不在/ハムレット / ぴあフィルムフェスティバル PFFアワード2004 Vol.4 / ボーイ・ミーツ・プサン /
エマニュエル第3回公演『恋愛と余韻』

 

 

■いよいよ稽古がスタートしました!

 

エマニュエル第3回公演『恋愛と余韻』

 

2017年9月20日(水)〜24日(日)@Ito・M・Studio(代々木上原)

【出  演】松永大輔

      齊藤由衣、長尾翠、永野翔、服部竜三郎、吉牟田眞奈(THE SHAMPOO HAT)
【作&演出】浅野晋康

 

〈チケット料金〉
前売:3,000円(★の回は、前売2,800円)
当日:3,500円

〈タイムテーブル〉
9月20日(水)19:30★
9月21日(木)15:00★/19:30★
9月22日(金)15:00★/19:30
9月23日(土)14:00/18:00
9月24日(日)14:00
※開場は、開演の30分前となります。

〈あらすじ〉
東京郊外で、小さなレストランを経営しているアラフォー男性・鈴木克弥に、ある日突然「モテ期」がやってきた!
浮かれた克弥が戸惑いながらもズルズル不倫関係にハマっていくなか、克弥との結婚生活にマンネリを感じていた妻・麗奈にもまた言い寄る男が現れて……!?
「恋愛」と「その余韻」に悩みを抱えるふたりが選択したひとつの「不条理」は、やがて周囲の人々を巻き込みながら、愚かな「本音」と「嘘」が飛び交う事態を招くことになってしまうのだが……!?

 


【制作協力】伊藤留奈(作戦会議)
【演出助手】鳴沢英
【制作助手】齋藤由衣
【写真撮影】ナツメ
【チラシデザイン】塚田弥与以
【WEBデザイン】相馬称
【協力】Ito・M・Studio、株式会社ノックアウト、株式会社クォーター・トーン、

    株式会社TIARA-FRONTIER、株式会社キャットパワー、THE SHAMPOO HAT、エビ大塾
 

 

携帯からの予約はこちらをクリック!


 

 

 

0
    13:19 | エマニュエル | comments(0) | - | Asano Yukiyasu
    『あの娘のランジェリー』終了しました。ありがとうございました。

     

     

    ■エマニュエルの作戦会議『あの娘のランジェリー』@Ito・M・Studio、無事に全公演を終了しました。

    ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!

     

    いろいろ課題は残されつつも、このメンバーで作品を作れたことは、2016年の大きな収穫のひとつだと思っています。

    関わってくださったキャスト&スタッフにも心から感謝したい。

    どうもありがとう。

     

    そしてまた、早めに次回作のお知らせができるよう準備していきたいと思います!

     

     

     

     

     

    0
      23:44 | エマニュエル | comments(0) | - | Asano Yukiyasu
      『あの娘のランジェリー』チケット発売中です!


      エマニュエルの作戦会議「あの娘のランジェリー」

      2016年6月15日(水)〜 6月19日(日)

      @Ito・M・Studio(代々木上原) http://ito-m-studio.com


      あらすじ

       高校バスケ部の遠征合宿に同行した、引率の教師やコーチたち。

       合宿3日目の夜、「万引きした生徒がいる」と報告を受けた教師たちは、

       その事件をめぐって、ひとりの女生徒を追及していくことになるが……!?


      作&演出:浅野晋康(エマニュエル)

      出演:松永大輔(エマニュエル)

         太田正一、田中祐理子、廣田朋菜、藤沢玲花、β、保田あゆみ

      照明:富山貴之

      チラシデザイン:塚田弥与以

      WEBデザイン:相馬称

      チラシ撮影:福井琢也

      協力:Ito・M・Studio、高岡事務所、株式会社ノックアウト、クォータートーン

         株式会社アイトゥーオフィス、エビス大黒舎、株式会社PuR、ワハハ本舗

         株式会社サーブプロモーション

      企画:伊藤留奈(作戦会議)

      製作:エマニュエル、作戦会議

      携帯からの予約はこちらをクリック!



      [PR] 勤怠管理システム ハウススタジオ 勤怠管理 ミラートレーダー比較  


       
      0
        03:28 | エマニュエル | comments(0) | - | Asano Yukiyasu
        エマニュエル新作公演情報!


        エマニュエルの作戦会議「あの娘のランジェリー」

        2016年6月15日(水)〜 6月19日(日)

        @Ito・M・Studio(代々木上原) http://ito-m-studio.com

        出演:松永大輔、太田正一、田中祐理子、廣田朋菜、藤沢玲花、β、保田あゆみ

        作&演出:浅野晋康

        協力:Ito・M・Studio
        企画:伊藤留奈
        製作:エマニュエル、作戦会議

        チケット発売日:5月6日(金)
         

        携帯からの予約はこちらをクリック!



        [PR] 勤怠管理システム 出勤簿 ハウススタジオ ファイル転送
         
        0
          13:52 | エマニュエル | comments(0) | - | Asano Yukiyasu
          エマニュエル新作スタジオ公演決定! 出演者募集中です。


           

          【ふたつの演劇ユニットが共同企画!
           [ エマニュエルの作戦会議 ]による、新作スタジオ公演の出演者を募集!
           ぜひワークショップ・オーディションにご参加ください】



          演劇ユニット[ エマニュエル ]と[ 作戦会議 ]。

          今回、ふたつの演劇ユニットが共同で新作公演を企画し、2016年6月にスタジオ公演(於:Ito・M・Studio)を行うことになりました。


          そこで、その出演者を募集するため、ワークショップ・オーディションを開催いたします!
          ぜひ、多くの方にご参加いただきたいと願ってます。
          ご興味を持っていただけた方は、下記の要項に沿って、メールにてご応募ください。
          たくさんのご応募をお待ちしています。よろしくお願いします。


          ■演劇ユニット[ エマニュエル ]……映画監督の浅野晋康(作&演出)が主宰する演劇ユニット。2012年4月に第1回公演「甘い記憶」(下北沢・シアター711)、2013年5月に第2回公演「1995年のサマー・アンセム」(下北沢・シアター711)を行い、それぞれ好評を得た。今回は、約3年ぶりの新作公演となる。
          公式サイト emmanu.net

          ■演劇ユニット[ 作戦会議 ]……伊藤留奈・中川香果を中心に活動するクリエイティブチーム。Ito・M・Studioの空間から、あらゆる表現の可能性を探求する。これまでの主な公演は、第4回公演「夏の砂の上」(松田正隆 作、2014年9月、Ito・M・Studio)、第5回公演「東京大仏心中」(竹内銃一郎 作、2015年6月、Ito・M・Studio)など。
          公式サイト http://ito-m-studio.com/studio/sakusen_kaigi.html


          【公演の概要】
          エマニュエルの作戦会議『(タイトル未定)』
          作&演出:浅野晋康
          公演日程:2016年6月15日(水)〜19日(日)
          公演場所:Ito・M・Studio(東京・代々木上原) http://ito-m-studio.com/studio/concept.html

          [ ワークショップ・オーディションの日時 ]
          2016年 2月28日(日) 13時30分 〜 16時30分

          [ 応募条件 ]
          エマニュエル新作公演(2016年6月スタジオ公演)への出演を希望する、心身ともに健康な18歳〜30歳くらいの女性。
          ※今回探している役柄の都合で、女性の方に限定させていただきます。
          (なお、公演にむけての稽古は2016年5月中旬頃から開始する予定です。)

          [ ワークショップ・オーディションに参加するまでの手順・スケジュール ]
          1:Eメールにて、〈 emmanuel.seisaku@gmail.com 〉宛に、ご応募ください。
          メールのタイトルは、
「ワークショップ・オーディション参加希望」
として、メール本文には、
「氏名/年齢/性別/連絡先の電話番号/これまでの主な活動歴」
を、ご記入ください。
          ※なお、メールの添付ファイルは確認致しません。メールには添付ファイルを添えないようにお願いします。
          2:2月26日(金)までに、開催場所などの詳細をメールにて返信致します。
          ※開催場所は、東京・代々木上原を予定しています。

          その他、スタッフ・お手伝いさんの募集もしています。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

          http://stage.corich.jp/bbs/detail.php?sure_id=30063&sv=
          http://stage.corich.jp/bbs/detail.php?sure_id=30062&sv=

          [ 応募締切 ]
          2016年2月22日(月)必着。


          [ メール送付先・お問い合わせ先 ]
          エマニュエル emmanuel.seisaku@gmail.com

           

          0
            14:30 | エマニュエル | comments(0) | - | Asano Yukiyasu
            エマニュエル第二回公演・終了



            エマニュエル第二回公演「1995年のサマー・アンセム」@下北沢・シアター711
            昨日、無事に全ステージが終了しました。

            ご来場いただいたみなさん、本当にありがとうございました!


            関わってくれたスタッフ&キャストにも感謝します。

            どうもありがとうございました!



            ■というわけで、作品内容について少しだけ書こうと思います。


            今回の芝居は、1995年に高校を卒業しないことに決めた人たち(高校20年生)の物語でした。


            僕は「なぜ人は執着するのか?」と考えながら戯曲を書きました。

            それは、いい年して映画や演劇を作っている自分自身のことでもありますが、それだけではなく、大切なものや人を失い取り残されてしまった人たちのことや、ここには住んではいけないと土地を奪われた人たち、危険だと知りつつそれでもその土地に残る人たちのことでもありました。

            そして、それは「希望を持て」といつの間にか信じさせられてしまった人たちの悲劇かもしれず、同時に喜劇でもあるだろうと思ったのです。


            目指したのはベタな青春恋愛ストーリーで、いい年した大人が演じる甘酸っぱい青春が、くだらない姿で現れてくるような喜劇にしたいと思いながら稽古をしていました。

            だから、死んだ同級生を待ち続ける主人公たち登場人物の姿は、ある距離から見れば悲劇であり、別の距離から見れば喜劇でもあるはずで、出演者のみんなは、言葉足らずな演出の言葉を汲んで、難しいと言いながら精一杯演じてくれました。


            物語は、1995年と2012年のふたつの時間で、あるささやかな出来事を繰り返すことが、この物語のクライマックスになっています。

            繰り返すことで、主人公は再生へと導かれる。それは、きっとこの物語自体が、繰り返す高校生活を扱ったものだったからでしょう。

            繰り返すけれど、それは決して同じ時間ではなく、繰り返すことで、「いま」もまた、いつか消えてなくなる時間だと実感するような……。


            ひとまず、以上です。


            8ステージ、ご来場くださったみなさん本当にありがとうございました!

            賛否いろんな感想をいただきました。


            個人的にはとても大きな課題を残された公演になり、関わってくれた全ての人に感謝しています。

            あらためて、どうもありがとうございました!


            0
              14:35 | エマニュエル | comments(0) | - | Asano Yukiyasu
              千秋楽




              ■本日(19日)、エマニュエル第二回公演「1995年のサマー・アンセム」千秋楽です。


              14時の最終回は、前売券は完売してますが、当日券でます。

              受付開始&開場は、開演の30分前、13時30分からとなります。


              下北沢・シアター711でお待ちしております。

              ぜひともご来場ください!


              0
                10:24 | エマニュエル | comments(0) | - | Asano Yukiyasu
                エマニュエル第二回公演、はじまります!




                ■いよいよ、本日(14日)劇場入りしました。

                明日から、エマニュエル第二回公演「1995年のサマー・アンセム」の本番がはじまります!


                前売チケットまだ発売中です。

                どうぞよろしくお願いしますっ!


                エマニュエル第二回公演「1995年のサマー・アンセム」

                2013年5月15日(水)〜5月19日(日)

                @下北沢・シアター711

                【作&演出】浅野晋康

                【出演】松永大輔、鈴木将一朗、須田邦裕、大野眞斗、佐藤幸子(mizhen)、

                    白井珠希、文嶋ことり、和田みさ、他


                詳細は、こちらのサイトをご覧ください!

                http://www.emmanu.net



                0
                  23:34 | エマニュエル | comments(0) | - | Asano Yukiyasu
                  エマニュエル第二回公演



                  ■エマニュエル第二回公演 やります!

                  3月31日(日)より、前売チケット発売スタートです。


                  よろしくお願いします!!



                  エマニュエル第二回公演

                  「1995年のサマー・アンセム」

                  2013年5月15日(水)〜5月19日(日)

                  @下北沢・シアター711

                  【作&演出】浅野晋康

                  【出演】松永大輔、鈴木将一朗、須田邦裕、大野眞斗、

                      佐藤幸子(mizhen)、白井珠希、文嶋ことり、和田みさ、他


                  0
                    16:08 | エマニュエル | comments(0) | - | Asano Yukiyasu
                    ワークショップを終えて




                    ■10月は、20日と27日に[エマニュエル]の次回公演にむけたワークショップ・オーディションを行いました。

                    約20名の方々に参加していただきました。

                    参加していただいた方々には、まだはじまったばかりの団体に興味を持っていただいて、本当に感謝です。

                    そして、ツイッターやフェイスブックで告知に協力していただいた方々もたくさんいて嬉しかったです。

                    みなさん、ありがとうございました!


                    いよいよ次回公演にむけて、具体的な動きがスタートです。


                    エマニュエル第二回公演

                    2013年5月15日(水)〜5月19日(日) @下北沢・シアター711


                    です!


                    詳細は、また少しずつ発表していこうと思います。


                    どうぞよろしくお願いします!


                    0
                      13:02 | エマニュエル | comments(0) | - | Asano Yukiyasu